らくねのいえ

 

木造住宅「らくねのいえ」

「らくねのいえ」は、ラクネ コンストラクションのオリジナルハウスです。
古き良きものを先進技術で再現することを目指し、宮大工の経験・知識を生かしたこだわりの構造・工法で、木のぬくもりあふれる家づくりを提案しています。

過去の新築の一例をご紹介します。
お施主様の夢を叶えた注文住宅です。
こだわりのお住まいのをご覧ください。

 

■構造体
接合金具「テックワンP3」を使用した「金具接合工法」
金物を木の内側へ納めることにより見た目もスマート。ドリフトピンによる接合の為、従来のボルト接合のようにボルトがゆるむ心配がありません。しかも、在来工法(ホゾや木組みによる建て方)よりはるかに木材の加工欠損率が少なく、しっかりと柱・梁などの軸組を固定し耐震性にも優れています。

日本人に愛されつづけてきた「木の家」。従来の木造軸組み工法は、柱などをくりぬき、そこに先端を細くした梁を組み合わせるなどするため、木材の欠損部分が大きくなり、地震の揺れなどが心配でした。こうした弱点を改良する金物工法は、接合金具「テックワン」を使用して、木材の削り取り部分を最小限に抑えながらしっかりと軸組みを固定します。きわめて耐震性に優れているため、“地震列島”と呼ばれている日本には適した建築法として広く普及しつつあります。(株式会社タツミ参照)

 
■基礎部分
基礎幅150ミリ
基礎は、鉄筋とコンクリートの厚みのバランスが大切です。ただ単に基礎の幅を大きくしても、中の鉄筋(配筋)が細いと意味がありません。当社では、バランスを考え150ミリ幅にしております。

 

家づくりにかかる費用① –本体工事費・別途工事費–
家づくりにかかる費用② –諸経費–


 




 

[2014年6月現在]
建物本体は完成!引き続き外構工事中です。

 

A様 邸(和歌山市)
家族構成:親子・ワンちゃん

 

「北欧風ナチュラルな家」
北欧風やナチュラルな雰囲気がお好きな施主様こだわりのお家が完成しました。

●構造…木の柱や梁を内装側に見える(クロス等で覆わない)、「現し–あらわし–」と呼ばれる構造。家全体がやさしい木の香りでいっぱい、温もりがあふれます。
●屋根…HABITA新断熱システム「ニスクボード+ハイブリッドルーフ」を採用。


●玄関…北欧調の玄関ドア&テラコッタ風タイルの玄関周り。テラコッタの風合いが明るく柔らかい印象に。※テラコッタ…イタリア語で焼いた(cotta)土(terra)
●キッチン…無垢材のアイランドキッチン&周辺にはレンガ模様のクロスで暖かい雰囲気に。
●リビング・ダイニング…吹抜けで広々とした空間に南側からの明るい光が差し込みます。見上げると、解体したお家の梁を再利用した飾り梁がインテリアの一部になり、存在感を出しています。
●階段下ペットスペース…下にペットハウス、棚にはエサやおもちゃなどを収納できるワンちゃんのための空間。

●1階洋室…服、荷物、お布団まで大容量収納できるウォークインクローゼットあり。お家でもお仕事ができるようと小さな作業台を設置。
●1階洗面台…トイレ前廊下に設置。大きな鏡前で椅子に座ってゆっくり身支度ができます。
●1階バスルーム…脱衣室に洗濯機と物干ユニット竿を設置。雨の日の洗濯も困りません。
●1階2階トイレ…タンクレストイレで視界スッキリ。チェック柄のクロスでかわいい空間に。
●2階洋室…壁一面クローゼット収納。真ん中で仕切って2部屋にすることも可能。ロフトもあり。
●2階納戸…大容量の荷物を収納可。1階リビングを覗ける窓があります。
●2階水回りetc. …階段3段分上げたところにトイレ、洗面台、バルコニー。ロフトへのはしごもあり。

 

完成までの様子はこちら>>>
ご実家の解体ショールーム見学地鎮祭基礎工事①基礎工事②家の模型製作小屋梁の再利用祝!上棟内装工事①内装工事②内装工事③内装工事④内装工事⑤お家完成

 





 

TN様 邸(和歌山市)
家族構成:夫婦・子ども2人

 

「シンプルモダンな家」

[外観]
ホワイト×ブラウンを基調としたシンプルでモダンな落ち着いた雰囲気になりました。格子がアクセント。

[内観]
外観同様、内観もホワイト×ブラウン基調とした配色。

・1階…玄関ドアを開けると広めの玄関。ドアを隔ててリビングに繋がります。センターキッチン(吊戸棚のないオープンな対面レイアウト)にすることで、リビングを一望できる開放的な空間に。小さなお子さんたちがいらっしゃるので、家事をしながらも様子を伺えるので安心です。キッチン後ろ側には、大容量の収納棚、食料庫もあり収納はバッチリ。1階トイレは、奥様が選んだこだわりのモダンな壁紙がアクセントに!

・2階…階段あがって正面にクローゼットとバルコニー(外観の柵の箇所)が。2階用トイレはシンプルに白で統一しています。主寝室と子ども部屋(将来、間仕切り可)を設け、収納扉をカーテンにすることで、コストも落とせ、なによりお好きなカラーや柄を気軽に楽しめます。主寝室は落ち着いた感じでにグレーの模様入りに、子ども部屋は明るくかわいく!ピンクとグリーンに。

 

完成までの様子はこちら>>>
地鎮祭地盤〜基礎上棟〜大工工事内装工事間もなく完成

 


 

S様 邸(有田郡湯浅町)
家族構成:夫婦・子ども2人・旦那様のお母様

 

「木の現しがある家」

[外観]
濃いめのグレーと木目が、クールでかっこいい雰囲気に。
屋根には太陽光パネル、外装には電気自動車充電用の屋外コンセントを設置。

[内観]
「現し(あらわし)」と呼ばれる柱や梁が内装側に見える構造(クロス等で覆わない)で、耐震に優れた金具接合工法でしっかりと軸組を固定しています。木の香りが漂い、木の温もりがあふれる家が完成しました。

・1階には、キッチン、リビングダイニング(畳スペース有り)、バスルーム、トイレ、旦那様のお母様のお部屋とサブキッチンを配置。キッチンとサブキッチン両方から通ずる収納庫など、収納も充実。日当りの良い南側には、のんびり座っていたくなる縁側を。
・2階には、階段を上がった横に、一枚板のかっこいい机があるフリースペース、主寝室、子ども部屋(将来2部屋に仕切れます)、トイレ、そして、子ども部屋と空間が繋がった広々としたロフトを配置。
・壁紙の一部の色を変えアクセントをつけています。明るい色がワンポイントでかわいい。キッチン上…黄緑、脱衣室…紫、2階トイレ…オレンジ

 

屋根と屋根の断熱に、HABITA新断熱システム「ニスクボード+ハイブリッドルーフ」を採用!
詳しくは、こちらをチェック!構造見学会告知&見所

 

完成までの様子はこちら>>>
地鎮祭工事看板完成基礎〜土台上棟屋根材にこだわりあり構造見学会告知&見所構造見学会開催工事途中経過完成まで間もなく「手形ぺたっ」完成見学会告知完成見学会開催


 

I様 邸(海南市)
家族構成:夫婦・子ども2人

[外観]
漆器の町の雰囲気に合うように、外観の色を深い粘土のような土色を全体に用い、漆器の塗りに使う漆の黒を連想し一部分にあしらい、若い家族が住むので少しモダンで落ち着いた感じに仕上げました。 土色の部分は、土っぽさを出すためリシン吹き付け塗装をし、黒い部分は、漆器のつやっぽさを出すためアクリルシリコン樹脂系塗装を採用しました。

[内観]
1階部分を共有スペースと客室を設け、普段は大空間として活用でき、お客様が来れば部屋を間仕切る事が出来るようにしています。当社のコンセプトの一つ「素材感を大切にする」を心がけ、梁の木、扉の紙(和紙)、カウンターのタイルのように、素材の温もり・柔らかさ・堅さ(強さ)をアクセントとして用いています。

2階には、個人のプライベートスペースとし、とくに子供部屋や成長や人数に応じて部屋を使い分けが出来るように可動式のクローゼットを採用。クローゼットを活用することで、一つの部屋を色々変化させる事が出来るようにしています。寝室は、子育て世代なのであえてベットは使わず畳を敷き、家族みんなが川の字で寝られるようにしています。


 

S様 邸(和歌山市)
家族構成:夫婦、息子夫婦、子ども3人(2世帯)

[内観]
・玄関を入ってすぐに坪庭を設置し玄関の広さを強調。紅葉の色づきで四季も感じられます。
・昔使われていた井戸をあえて室内に取り入れています。
・縦長の窓で外の光りや景色を取り入れることで開放感を演出。
・親夫婦を考慮し、階段に踊り場を設けています。
※踊り場とは、階段の途中に設けられた平坦な小空間のこと。階段で、転落を止める場所として危険防止のためや小休止のために設ける。また、階段の方向転換のために設けられる。