ブログ

2014年6月6日

コラム「日本の上足文化」

 

住まいは”巣”まい

「日本の上足文化」

玄関で靴を脱ぐと体が楽で、家の中が清潔です。白い足袋の女性が歩いても汚れない、それはすばらしいことです。畳を敷き詰めていることは言ってみれば、じゅうたんを部屋全体に敷き詰めていることです。

最新のニューヨークスタイルは、玄関で靴を脱ぎます。畳の代わりにシャギーカーペットで足を投げ出し、ごろんとなって寛ぐのが最新式。日本人は座布団を二つに折って枕としてごろんとやっている。千年以上こうしたスタイルを私たちはやってきた。これは、床が清潔だからできるのです。足にも楽で、上足文化のいいところです。

日本の家は文明の利器ではなく文化です。こうした研究を行うことが、文化のある住まいづくりにつながっていくと思います。

まず、日本の住文化を見直し、日本の古くからの文化、伝統をなくさずに継承していきたいと考えています。日本の住文化は世界にまれな発想ばかりです。玄関で靴を脱ぐ上足分かは健在です。この日本の住文化を進化させていけば、21世紀型の住宅として世界に誇れる住まいになると思います。『古く正しいことを新しい方法でやる』『温故知新』が大事でしょう。しかし、論語はこの後に『可以為師』(似て師と偽るべし)と続きます。つまり、温故知新ができれば、その人は師となれるわけです。それほど温故知新は大変なこと、難しいことです。HABITAはそれに挑戦し続けます。

(MISAWA・international 株式会社:社長 三澤 千代治)

 

[Weekly HABITA抜粋]

【まとめ】コラム『住まいは”巣”まい』はこちら >>