ブログ

2013年9月30日

TN様邸 新築工事 −完成-

 

木造住宅「らくねのいえ」

「らくねのいえ」は、ラクネ コンストラクションのオリジナルハウスです。接合金具の進化系「テックワンP3」を用いた「金具接合工法」を採用。弊社がこだわった木造住宅です。

「テックワンP3」は、木材の加工欠損が少なく耐力が大幅にアップ!等、在来工法を上回る強度・耐久性・安全性をそなえています。

日本人に愛されつづけてきた「木の家」。従来の木造軸組み工法は、柱などをくりぬき、そこに先端を細くした梁を組み合わせるなどするため、木材の欠損部分が大きくなり、地震の揺れなどが心配でした。こうした弱点を改良する金物工法は、接合金具「テックワン」を使用して、木材の削り取り部分を最小限に抑えながらしっかりと軸組みを固定します。きわめて耐震性に優れているため、“地震列島”と呼ばれている日本には適した建築法として広く普及しつつあります。(株式会社タツミ参照)

家づくりにかかる費用① –本体工事費・別途工事費–
家づくりにかかる費用② –諸経費–

消費税増税が住宅業界に与える影響を考える。





 

TN様 邸(和歌山市)
家族構成:夫婦・子ども2人

 

[外観]
ホワイト×ブラウンを基調としたナチュラルな雰囲気に。格子がアクセント。

[外観]
外観同様、内観もホワイト×ブラウン基調とした配色。

・1階…玄関ドアを開けると広めの玄関。ドアを隔ててリビングに繋がります。センターキッチン(吊戸棚のないオープンな対面レイアウト)にすることで、リビングを一望でき開放的な空間に。小さなお子さんたちがいらっしゃるので、家事をしながらも様子を伺えます。キッチン後ろには、大容量の収納棚、食料庫もあり収納はバッチリ。1階トイレは、奥様が選んだこだわりの壁紙でモダンな雰囲気に。

・2階…階段あがって正面にクローゼットとバルコニー(外観の柵の箇所)が。2階用トイレはシンプルに白で統一しています。主寝室と子ども部屋(将来、間仕切り可)を設け、クローゼットの扉はあえてカーテンにすることで、コストも落とせ、なによりお好きなカラーや柄を気軽に楽しめます。主寝室は落ち着いた感じでにグレーの模様入りに、子ども部屋は明るくかわいく!ピンクとグリーンに。

 

完成までの様子はこちら>>>
地鎮祭地盤〜基礎上棟〜大工工事内装工事間もなく完成