ブログ

2012年3月11日

あの日から1年…

3.11、今朝は何事もなく毎日の生活が始まりました。

被災地から離れて暮らす私たちには、伝わらない現実があることを
今日のメディアは伝えている。

ガレキの撤去も実際はまだまだ。
漁師さん達も放射能で漁もままならない状態。
これがホントに同じ日本なのか?とつくづく思わされる。

その一方、日本人の強さ・誇り・絆を感じる。
関西も阪神大震災の被災地。きっとひとりひとり何かを思うはず。
復興は始まったばかり。自分に何が出来るのか改めて考えさせられました。

私たちは、家をつくる仕事。
これからの住宅のあり方もきっと見直さなければならない時代に来ていると思う。
これはこの国に住宅を建てる側の責任かな。
壊れない住宅は無理でも、避難できる場所はつくれるはず。
まずは出来ることから。家族をまもるためにも。

最後になりますが、改めて被災された方々心よりのお見舞いと、
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。